新車販売台数と中古車の関係って?

今年の上期、1~6月は中古車登録台数が過去2番目の低さという低調な売れ行きだったようです。これは消費税の増税により、新車販売が落ち込んだことが原因と言われています。

なぜ新車販売が落ち込むと中古車の売れ行きも悪くなるのでしょうか?逆のような気もしますよね。でも実は新車販売が落ち込むということは、それだけ中古車市場に下取り車が流通しなくなる、ということにつながるのです。興味深いですね。新車が売れないと質の良い中古車も減るということなのです。

では、そう考えると、、そうです。新車販売が増えているときというのは中古車市場にもたくさんの良い中古車が出回る可能性が高くなるということなのです。ですから、一見関係の内容に思える新車販売台数の統計なども、中古車購入を考えている人にとっては意外と大切な情報なのです。

ですから今現在中古車購入を考えている方、急ぎでなければ少し良い車両が出回るまで待ってみても良いかもしれません。

合わせて読みたい関連記事:

Comments are closed.