Category: 中古車評判紹介

ネットで中古車探しをしている時に気になるのは車両の画像です。

でも実はこの車両の写真、良い販売店を知るカギとなるんです。

購入者側としてはどんな写真が見たいですか?間近から撮った写真、ちょっと遠めから撮った写真、どちらも欲しいですよね。ですから逆に言えば、そんな購入者側に立った写真を掲載している販売店はそれだけ仕事が丁寧、あるいはそういう写真を撮るノウハウがお店にあるということです。

反対に自分が見たいと思うような写真がほとんど掲載されていない、数枚の写真の掲載だけで、あとはお店で聞いてください、というようなお店は注意したほうがよいかもしれません。

もちろん写真の掲載の仕方だけでそのお店の全てを知れるわけではありませんが、そこにお客さま本位かどうかが表れるものです。

次回、中古車を探す時には是非、写真の撮り方、掲載の仕方にも注目してみてください。きっと、改めてそのお店について気がつくことがあるはずです。

中古車を探す作業って、すごく楽しいですが正直時間がかかるのは事実です。

たとえば実際に中古車販売店を回ろうとすると1日にどれくらい回れるものなのでしょうか。自宅近くの中古車販売店を中心に回ったとしてもやはり週末の2日間を利用してなんとか5,6軒が限界のようです。中古車サイトにもそんなリポートが掲載されていました。

大切なのはきちんと前もってどの店を回るか、またその店のどの車を特に見たいのかを決めておくことでしょう。

これは今はネットで前もって確認できますので、できれば中古車サイトで見ておきましょう。それでも、やはり実際に展示場に行くと、気にしていなかった車や、ネットで掲載されていなかった車なども見つかりますので、どうしても時間がかかるものです。これも中古車販売店めぐりの楽しみの一つではありますので、中古車販売店めぐりをする際にはあまり詰め込みすぎの予定を立てないようにしましょう。

ネットと店舗訪問のそれぞれのメリットを組み合わせることが効率的な中古車探しのコツですね。

そんな中、ネットにも詳細な情報を提供している販売店・オートディーラーであれば、なおいっそう効率よく中古車を探しに行くことが出来ます。なぜなら、前もって時間がある時に詳細な部分までチェックしておき、メモを持って販売店に行くことができますし、質問もあらかじめ挙げておくこともできます。また、欲しい中古車がある程度絞れているはずですので、効率的です。

たとえば、埼玉や千葉にあるCSオートディーラー評判の中古車販売店では、展示している中古車の台数も豊富で、Webサイトにはたくさんの写真や動画説明がありますので、事前学習ができます。そして、その評判の口コミがたくさん掲載されている評判集やお客様の声もあるため、非常に参考になると思います。

ネットと店舗両方が充実していることが評判の理由であり、魅力の一つですね。

日本にはダイハツと並んで軽自動車で多くの人の心をつかんでいるメーカーがありますね。そうです。スズキです。

スズキといえばアルトやワゴンRといった大ヒット軽自動車が多くありますが、それだけ中古車の数も豊富のようです。

スズキのメーカー系ディーラーでは主に扱っている中古車のうち80~90%が軽自動車、もしくはコンパクトカーです。そして、新車登録から3年以内のまだまだ新しい高年式車が全体の60~70%に及ぶようです。ですから、スズキの中古車ディーラーでは高年式のコンパクトカー、軽自動車をたくさん探すことができるというわけですね。

スズキのディーラーで購入したすべての中古車には「OK保証」という保証がついてきます。これらの中古車は納車前点検、整備がきっちり行われ、高品質を維持しています。そして保証サービスを受けられる工場は全国に約820箇所ありますので、万が一のときにもスピーディーな対応を期待できそうです。

ネットで中古車を直接販売、納車する中古車販売店が増えています。それだけ、ネットで中古車を直接購入することへの消費者の皆さんの抵抗感が少なくなってきたということが分かります。

ただ、ネットで中古車を購入しようと思う場合、やはりどこから購入するかは非常に重要です。中にはネットで販売した実績がまだ少ない販売店もあるからです。

一方、今回ご紹介する「CSオートディーラー」はまさにネット販売で多くの実績を残してきた販売店です。このCSオートディーラーのネット販売の大きな特徴のひとつは、ネット通販のリスクをなくす「前払い金保全システム」というシステムを導入しているという点です。このシステムを導入している中古車販売店は国内では今の時点では恐らくCSオートディーラーだけのようです。

ネットで購入するときに一番不安になるのが、お金を前もって支払う時ですよね。その心配をなくしてくれる画期的なシステムがこの前払い金保全システムなのです。

CSオートディーラーの前払い金保全システムですが、このシステムがあるとネットによる中古車の購入はどれほど安心できるものとなるのでしょうか。

仮に皆さんがネットで中古車を購入する契約をしたとします。中古車の購入の場合、代金引換で購入することはできません。ですから、クレジットカードもしくは料金を前払いで支払うことになります。でも、もし支払った後になかなか納車が進まないとしたらどうでしょうか。もしくは何らかの理由で納車ができなくなってしまった場合はどうでしょうか。正直、そういう心配をしだしたらキリがないですよね。でも実際にこういうことは起こりえます。

そのときにきちんと支払った代金が戻ってくるのがこのシステムなのです。支払った前払い金がきちんと保全されているというわけです。これはCSオートディーラーに保全されているわけではなく、このシステムを運営している三井住友銀行の信託口座に保全されています。ですから事情により納車ができなかった場合にはそこからすぐに返金されるのです。

CSオート評判の前払い金保全システムは、クチコミで広がっており、大変評判です。

大手中古車検索サイトでは、お役立ち記事が定期的に更新されています。今回、掲載されていた記事の中でネット通販で中古車を購入することを考えている皆さんにとって、とても役立つ興味深い記事を見つけました。実際にネットで中古車を探して、一度も現車を見ることなく中古車を購入した方の体験を書いたものです。結果的に言うと、一度も見ることなく購入したものの大成功だった、というお話なのですが、決して偶然の成功ではないといえる幾つかのポイントがありました。

この購入するに当たってこの車は大丈夫だと考えた理由としては、信頼できる大手販売店が扱っている、走行距離が少ないワンオーナー車、正規ディーラーでの整備記録簿がある、メール・電話での担当者とのやり取りを通して信頼できることを感じた、といった点が挙げられていました。こんな風に実際の体験談を詳細に知ることができると、遠方の販売店から購入するときに非常に参考になるのではないでしょうか。

中古車オートディーラー(販売店)の情報をいち早く入手して、自分の好みの、またお値打ち価格の中古車を手に入れるには、どうしたらよいのでしょうか。

情報収集という作業は地味で、かつ時間のかかる作業です。好きでないと続かないこともあります。ですので、手軽にかつ楽しく、わかりやすいということが求められます。

そこでお勧めしたいのが、中古車を探す一つの便利な手法として、Twitter(ツイッター)を使用するというものです。Twitterはご存知ですか?短文投稿サイトの一つで、世界的にもよく知られたサイトなので、ご存知の方も多いと思いますが、これが中古車や中古車オートディーラーを探すのに、また好みの中古車を見つけるのに一役立つのです。

各オートディーラーのTwitterをフォローすると、新しく入荷された中古車の情報をいち早く得ることができます。

例えば、埼玉や千葉に展開しているCSオートディーラーのTwitterを例にとると、メーカーや車種名と、どのような検査項目をパスしているのか、そしてリンクが記載されています。

CSオートディーラーTwitterキャプチャ

参考:CSオートディーラーのTwitter: CSオートディーラー(@csautojp)さん | Twitter

フォローしておいて、気になった車種が入ってきていれば、リンクをクリックして詳細を見てみましょう。単純にGoogleなどの検索エンジンから検索するよりも、効率的に中古車を見つけることができそうです。

一昔前は、現物を見ることなく中古車を購入することなんてできない、と言われていましたよね。もちろん、今でも可能であれば現物を見るに越したことはないでしょう。しかし、現物を見ないでまともな中古車は購入できないか?というと必ずしもそうではありません。それほど最近のネットでの中古車情報は詳細なものになっているからです。逆に言うと、ネット上ですぐに口コミやレビューが拡散してしまう今では、通販だからといって購入者に親切でないと、中古車販売店、オートディーラーはその競争に勝つことが難しいからです。

実際、大手中古車検索サイトの質問フォームを使って、気になっている中古車について聞いてみるとそのことが分かります。最近では大抵の販売店はすぐに回答が帰ってきます。帰ってこない店はその時点であまり信頼できませんので、購入リストから外せばよいだけです。そして、さらに補足的な画像を求めるのも良いことです。誠実な販売店の場合、きちんと送ってくれます。本当です。こうしたやり取りで信頼関係を築くことが通販で中古車を購入するポイントとなるのです。その上で、実際にオートディーラー、販売店で中古車の現物を見てもよいでしょう。